2014/06/02【ALL】
多肉植物の発芽

20140602.jpg

私の趣味の一つに『植物』があるのですが、
その中で、ここ数年ハマっていいるのが『多肉植物』です。

親木から葉を取って、乾いた土の上において、水をやらずに10日ほど半日陰に放置しておくと芽が出てきます。
ここで大事なのが、最初の10日は絶対に水をやらないことです。葉が持っている栄養で発芽しますので大丈夫です。
白いヒゲのような根っこが出てきたら、霧吹きで一週間に一度ぐらい水をあげます。

色んな種類の多肉植物の葉から、可愛い芽が出てくる様子は、
宮﨑駿のナウシカでふかいの植物の種を城の地下に持ち込んで育てている映画のシーンを思い出します。
私、ワクワクするんですよ。いい年なんですけどニヤニヤしちゃうんです。

もし、多肉植物にご興味がございましたら、武蔵小山のTRANSHIPで販売しています。
植物専門のスタッフがいますので、相談しながら育ててみてください。
水やりも一週間から10日に一度でOK、ものぐさ太郎さん花子さんにはもってこいの植物です。
勿論、表参道のジュエリー店でも、私を見かけたら多肉植物のご相談もお受け致します。(笑)

これは、オリジナルジュエリーケースで栽培して、
TRANSHIP-JEWELRYのお客様へのプレゼントにならないかと、試作中です。
可愛い新芽が出揃ったら、またブログで紹介しますね。(O)