2016/05/15【ALL】
リフォーム 20年目のエンゲージリング

_G7A2094_.jpg

20年前、結婚を決めたカップルがフィアンセに贈るエンゲージリングは、
お給料3ヶ月分のダイヤモンド・プラチナリング!が定番とされていました。

ご結婚式が行われるまでは身に付けられ、その後は冠婚葬祭やスペシャルな時まで
身につけられることなく大切に保管されてしまいます。

裏通りの宝石店、リフォームをお考えだったお客様だ通りすがりに見つけて下さり、、、
お話させていただくと、眠っているエンゲージリングがあるのでと後日ご来店下さいました。

旦那さまからいただいた時のお話をお伺いしていると、とても大切に育まれてきた時間が
ダイヤモンドリングの中に詰まっているようなイメージが広がりました。

新たにリフォームされるなら、毎日身に着けていただければと思い、お客様のイメージに合う
ミルグレインの加工をダイヤ周りに施したMill Diamond Cut Ringのデザインをご提案。
マリッジリングとの
重ね着けもイメージして、リングの上にダイヤを乗せることもご相談しながら
最終的に、マリッジリングのデザインが流線型でしたので重ね着けもイメージできダイヤモンドの
サイドからリングをセッティングする高さを抑えたデザインでオーダーいただきました。

最終オーダーにはご夫妻でお越し下さり、ご結婚20年のスタートとなる記念の年に
旦那様のマリッジリングも新たにご購入の予定で探されているとお話もいただきました。
結婚式後しばらくして、リングが変形してしまって着けないで保管されていたとゆうプラチナリング。
お持ちくださっていたので、店頭で整えれる範囲ですが丸い状態にお戻しました。

そしてマリッジリングも奥様のリフォームデザインに合わせた同ラインのデザインで
旦那様にお似合いのホワイトゴールドでオーダーくださいました。

お引取りのもご夫妻でご来店くださったので、これまでの思い出話を伺えつつの
20週年を迎えられるにあたり、新しい夫婦の関係がスタートされるような期待感と
愛情に包まれた心に残る一時でした。

ご結婚記念日やアニバーサリーにリフォームや新たなリングを迎えられる喜び。
そして普段、表現しにくい感謝の思いをジュエリーで贈ることは特別な財産になると思います。

マリッジリングのお買い直しは、リングのお買取りも対応していますのでご相談下さい。 (N)

Diamond Cut ring

Cut Ring
_G7A1868.jpg