2016/11/10【ALL】
脇石をピアスにリフォーム、小さなダイヤモンドをコネクトしました。

_G7A2500_.jpg

リフォームには様々なジュエリーが持ち込まれます。
大振りのデザインリングですと、大抵の場合はメインの宝石を際立たせる為に周りに
メレダイヤモンドが細かく施されています。細かいがゆえに地金から綺麗に外される
保証もなく、カケやキズが見られる場合もあるため、ご希望の場合のみ外せた
メレダイヤだけお返ししています。

今回は、デザインリング2点から取り外せたメレダイヤモンドを使用して
5石をコネクトした突き刺しピアスをK18ホワイトゴールドで制作いたしました。

3点の爪留で5石のメレダイヤモンドをコネクトして、少しカーブを付けることで
耳下に動きのあるシルエットと耳たぶのラインに沿うデザインとしてアレンジできます。

冬の季節、巻物やタートルネックのニットなど、首元にボリュームがある装いとなり
ピアスやイヤリングは少しコンパクトで輝きのあるタイプが使いやすいですね。

髪を耳にかけた時に見える宝石、そしてショートヘアやボブヘアとストールの間に輝く
ジュエリーは、柔らかな印象にナチュラルな輝きと力強さを与えてくれます。

日常に本物のジュエリーをさりげない宝石で、少し背伸びをしてリフォームオーダー。
自分に合うサイズやデザインでご要望もご相談いただけます。           (N)

_G7A1801.jpg