2017/06/02【ALL】
6月の誕生石 真珠のお話

_G7A4509.jpg

こんにちは。

6月に入り、梅雨入りも目前。

紫陽花や、甘い香りのクチナシ、少しスッキリしないグレーのレースがかかったような曇り空は、

日本ならではの四季を感じられて、かつ女性らしい憂いを含んだような表情が美しく、

私はとても好きな季節です。

そんな6月の代表的な誕生石は真珠。

石言葉は、美、富、純潔、と、実に女性らしさの象徴とも言える宝石です。

貝の中で幾重にも歳月を重ねできた真珠層からなる輝きは一つ一つすべて表情があり、

なんとも言えない美しさがあります。

真珠には大きく分けて、アコヤ真珠、淡水真珠、白蝶真珠、黒蝶真珠の4種類と、

マベ真珠、アワビ真珠などがあります。

アコヤ真珠は母貝をアコヤ貝とする真珠で、世界でも最もポピュラーな真珠でもあり、

日本での養殖がほとんどです。

キメが細かく他の真珠には見られない透明感とテリを持ち、

その気品あふれる美しさは上品で多くの人に愛されています。

中でも日本海近郊でとれたものは良質とされ、その美しさは、

冬の海の冷たさに耐えてきたからとも言われています。

白蝶真珠、別名南洋珠は水温の高い熱帯の海で主に採取され、白蝶貝を母貝とした真珠です。

巻きが非常に厚く大ぶりなものが多く、重厚で格調の高い美しさがあります。

南洋珠は白色のものと、ゴールドのものがあり、形も様々。

中でも希少性の高い左右対称のドロップ型はトップランクに評価されます。

黒蝶真珠、別名タヒチ真珠は黒蝶貝から取れる真珠で、タヒチの産のものが殆どです。

様々な『黒』の色が美しく、中でも孔雀色の『ピーコック』と呼ばれる黒緑色のものは

神秘的な輝きと希少性から最高級といえます。

その他にも湖などでの養殖が主の淡水真珠や、

マベ貝から取れる半球状の真珠で虹色の光沢がとても美しいマベ真珠などがあります。

TRANSHIP JEWELRYでも様々な真珠を使ったジュエリーを扱っているとともに、

お手持ちの真珠のリフォームなども行っています。

お気に入りの真珠を探しに表参道まで足を運んでみて下さい。

お待ちしております。

(e)