2017/10/04【ALL】
10月の誕生石 オパール の リフォーム事例

Opal_top.jpg
大振りのオパールが見事なプラチナのヴィンテージリングをFameラインで使われている
オリジナルの石座を使ってペンダントトップへリフォームいたしました。

オパールの乳白色、その中に見られるグリーンやピンクの遊色効果に合わせて
地金はK18ピンクゴールドを使用しました。様々なチェーンやチョーカーとの組み合わせと、
お客様がお持ちのパールネックレスにも通せるようにバチカン部分のサイズを決めました。

リフォームオーダーの良いところは、手持ちのジュエリーとのコーデイネートや
新しく購入したジュエリーとの使いやすさも考えて、ご相談いただけるところです。

古さを感じ使わなくなったジュエリーに、持ち主の現在のセンスを取り入れることで
完成するリフォームジュエリー。

古いもの、新しいもの、そしてリフォームしたジュエリーとのコーディネートは
その時代のデザインの良さを引き出し合ってくれます。

ヴィンテージやアンティークなテイストを日常へクラシカルな装いへと
遊び心のある提案を取り入れるお手伝いをしています。
『心惹かれる宝石だけどデザインが、、、』と、
引き出しで眠らせているジュエリーはありませんか?

ご相談までは無料なので、使えるかどうかや使いたいけれどどおして良いのか?
と悩まれていたらイメージを膨らませに是非ご来店下さい。 (N)

今回の費用:Reform Opal Charm / K18PG 68,000円 (税込)
※ 取り外しのPt900リング枠は持込の地金と合わせてお買取りいたしました。
 プラチナリングの枠は買取時期、重さによりますが6,000~15,000円程が平均です。
Reform.jpg