2020/04/26【REFORM】
Reform プラチナ立爪リングをcut ring mill Diamondへ

hanawa_sama_A.jpg
After : cut ring mill Diamond

旦那さまから奥様へと贈られた、プラチナの立爪エンゲージリング。
そこから年月が経ち、奥様がもっと気軽に日常的に身につけやすいリングにしたいとのことで、当店にリフォームへお持ち込みくださいました。

今現在のご自身の雰囲気に合うデザイン、そしてお肌の色を明るくキレイにみせてくれる地金のカラーを選択し、今回はcut ring mill Diamondのデザインで、メインカラーはイエローゴールドを選びました。

宝石がすっきりとクリアに見えるよう、ダイヤモンドを取り囲むフレーム部分はホワイトゴールドにしています。ダイヤモンドの縁にミルグレインを施すことで、華やかさと柔らかい印象がプラスされます。

シンプルだったプラチナの立爪リングが、しっかりとボリュームを持ちながらも普段使いしやすいく、存在感のあるダイヤモンドリングに生まれ変わりました。

ジュエリーをリフォームするにあたり、普段の装いに似合うデザインと地金のお色味をお選びいただいている時、リフォーム前のリングを眺めながら、ふと、リングを受け取られた当時を思い出して、お話を聞かせていただけることがあります。指輪を選んだエピソードにはどれもたくさんの愛が溢れていて、聞かせていただいたこちらもとても幸せな気持ちになります。
リフォームでのオーダージュエリーは、共に過ごしてこられた様々な出来事が思い出され、新たに生まれ変わったジュエリーを受け取り、指にはめる時には、まるでお二人の絆を再び確かめ合っているかのようです。

大切に保管し、眠っていたエンゲージリングを思い出されて、そろそろ使ってみようかな?と思われた時には、当店へ一度ご相談くださいませ。

オンラインでのご相談も以前より解りやすくご案内しております。随時、皆様により楽しんでいただけるようにと、研究を進めております。何かご要望などございましたらご意見いただけますと幸いです。
オンラインオーダーについてはこちらのblogをご覧ください。(N)  


今回のリフォーム費用:cut ring mill Diamond / K18YG,WG / size9 ¥150,000+tax                  

before : pt900 Diamond ring / Diamond:0.446ct
hanawa_sama_B.jpg